OH!HAPPYWEDDING

COLUMN

『テーマカラーとブライドに合わせて』

date:2017/01/29

category:フラワー

こんにちは。
お花を担当させていただいているgivré(ジヴル)です。
今回はカラーブーケについて少しお話しさせていただきます。

ウエディングでは全体のテーマカラーを決めて、ペーパーアイテム、小物、会場装花、ブーケを合わせいきます。

写真のブーケは、ウェディングのテーマカラーが、ホワイト・ライトグリーン・アンティークなパープルピンク。

今はステム(茎)を出したクラッチブーケが人気です。
小花を中心にラフに仕上げるナチュラルブーケもとてもかわいいのですが、
今回のブライズは、芯がしっかりある凛とした雰囲気の女性。
ナチュラルな中にも大人なイメージにしたくて、
メインにテーマカラーのパープルのバラを使いました。
丸くほっこりと咲くタイプのバラなので他のナチュラルな草花とも相性がいいです。
そこに深いパープルのスカビオサで大人のイメージを増しました。
サイドの草花は、アストランチアやラムズイヤー、ジューンベリーなど。

テーマカラーをベースにブライドやドレスのイメージを合わせていくと、全体的に統一感が生まれます。

まずはプランナーさんと一緒に、好きなカラーやイメージ、自分に合うのはどんなのかを相談しながら、ウエディングの全体イメージを作っていくといいですね。

フラワーアーティスト
Yuko Kanai by givré

http://givre.jp/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+please SHARE

季節のお花を使う

date:2015/04/14

category:フラワー

こんにちは。givréです。
今回は当日使用するお花について少しお話しさせていただきます。

現在は流通の発達やハウス栽培などで、あまり季節を問わずにいろいろな
お花を手にすることができます。

でも、やっぱり、それぞれの時期には旬の花があり、
その生命力、みずみずしさは格別です。

ブーケや会場で使いたいお花の種類がもしあれば、
そのお花の季節にパーティーや撮影を合わせる、というのも素敵だと思います。

そうすれば、その季節になって花が咲く頃に、ご自身のウェウィングの記憶が、
お花とともに思い出としてよみがえってくると思います。

個人的に好きな季節のお花はやっぱり春!です。
ラナンキュラスやチューリップ、ヒヤシンスなどの球根系のお花は、
今の季節にしか流通しないお花で市場に出回り始めるとわくわくします。

ただ、市場に出回る時期は、お庭や街中で咲くタイミングより、
少し早いということに注意が必要です。ラナンキュラスやチューリップは、
1〜3月初めがとても綺麗なのです。

お花の時期やその他のこと、いろいろなお話をしながら、
当日を安心して迎えていただけるようにサポートいたします。

お気軽にご相談くださいね。

写真はチューリップ、ラナンキュラス、カリフラワー(!)ケールなどを使ったブーケです。
DSC02363

フラワーアーティスト
Yuko Kanai by givré

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+please SHARE

ホワイトブーケの色々な表情

date:2014/09/11

category:フラワー

こんにちは。
当日のお花を担当させていただく、givréです。
お二人のウエディングがスペシャルな一日になるようにお花でお手>伝いをさせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

従来あるような決められた形にとらわれず、
お二人のテーマ、イメージ、ドレス、会場、様々な角度から、
どんな花をつかうか、どんなデザインで飾るかなど、
オリジナリティ溢れるすてきな花たちに囲まれるよう、
ひとつひとつを丁寧に打合せをして、
安心して当日を迎えていただけるよう心がけています。

今日は白いブーケの紹介です。
白のブーケひとつにしても、使う花材、デザインでがらっとイメージがかわります。

BOU_Y1

白いバラだけを小さくきゅっと束ねたシンプルなブーケ。バージンロードを歩くブライドにふさわしい初々しいイメージでお作りしました。
バラの種類は【ブルゴーニュ】。こっくりしたアイボリーよりのホワイトで、コロンと丸く咲きます。ウエディングでは不動の人気種です。
サイズは直径が20cm程でお式に合うように・・・キュッとまとめてあります。
どんなドレスにも似合いますが、可愛らしいAラインやプリンセスラインがお勧めです。

BOU_Y2

ダリアをメインしたクラッチブーケ。
秋色アジサイやアイビー、ローズマリーなどグリーンをふんだんに使って、お庭の花 を摘んできたようなナチュラル感な 雰囲気に。大輪のダリアを使うことで、ゴージャス感も出しました。
ダリアの名前は【マルコムズホワイト】。ダリアの中でも1、2を争う大輪種です。直径が約25cmほどあります。
ブーケ全体の長さは約40cmほどで、少し長めに仕上げました。ガーデンなどで片手だラフに持つイメージです。ガーデンパーティを意識して作ったので、庭に咲くハーブなどを使いたいと考え、中でも香りもよく、水落ちがしづらいローズマリーを選びました。会場の名物がローストビーフなので、肉料理にはローズマリーかなと思いチョイスしてみました(笑)。ハーブは手に触れるだけでフワッと香り、癒しを与えてくれるので、リラックスの効果もあります。

当日のお花の中でも、その日一番輝くブライドが手にするブーケは特別なもの。
思い描く最良のブーケを一緒に作り上げていきましょう。

フラワーアーティスト
Yuko Kanai by givré

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+please SHARE