OH!HAPPYWEDDING

COLUMN

フォトアイテムと撮影場所

date:2016/12/25

category:アイテム ,ハンドメイド ,フォト&ムービー

こんにちは、フォトグラファー“うさぎとカメラ”のkubokiです。
今日は、OH!HAPPY WEDDINGのフォトプランで撮影されたお客様をご紹介します。

フォトプランにはアイテムがあるとバリエーション豊かな写真を残すことができます。
たとえば、こちらのおふたりはまず私服でお揃いの腕時計、そして日付やイニシャルのウッドプレートと一緒に撮影しました。



後日結婚式が控えている場合には、当日のウェルカムボードやレイアウトに使えそうな写真を撮影するのがオススメです。

イメージフォトでは新婦さんの大好きなムーミン一家。

そして指輪。

もちろんドレスでの撮影もおこないました。





アイテムは手作りすると、その工作時間もいい思い出になりますよね。
でももし時間が無かったりで悩んだ場合にはOH! HAPPY WEDDINGにも可愛いアイテムをたくさん取り揃えているので、お気軽にご相談ください。

ここまでの撮影場所はアトリエ近くの群馬県桐生市内ですが、同日に軽井沢へも向かいました。





撮影時期は4月下旬。桐生は新緑に包まれていましたが、軽井沢はまだ木々に緑が芽生えておらず、こちらではノスタルジックな雰囲気の写真を残すことができました。

群馬は北と南もしくは長野とでは気候が全然違うので、雰囲気をガラッと変えての撮影もおこないやすいですね。

ぜひ参考にしてみてください。

フォトグラファー うさぎとカメラ 久保木 雄

http://www.usagitocamera.com

OH!HAPPY WEDDING フォトプランはこちらでご案内しています!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+please SHARE

「自然な表情の作り方」

date:2016/02/07

category:フォト&ムービー

ウェディングアイテムの中で、写真や映像などの記録撮影も重要なセレクトの一つです。
結婚式の思い出を、ずっと形として残しておけるものは撮影アイテムだけになります。
だからこそ良いものを残したいですよね。
でもいざ撮られるとなると、緊張して不自然な表情になりがち。。。
そこで今回は、きっと自然な表情になれる裏技を教えちゃいます!

まず結婚式の写真は、正装だからかしこまらなきゃいけないと思いがちですが、実際はそんなことありません。
そこを意識してしまうと、表情も姿勢も逆に不自然な形になってしまいます。
姿勢はまっすぐキリッとしていなくても大丈夫ですし、いつも2人で写真を撮る時みたいにピースをしてもいいんです。
口を開けて笑ってもOKですし、逆に普段あまり笑わない人は無理に笑わなくてもいいと思います。
もちろんかしこまった写真も数枚撮りますが、その時はきちんとカメラマンがアドバイスします。
要は、自然体な自分でいることが一番大切なんです。
普段と違うところは、結婚式の衣装を着ているというところだけ。
なので意識としては”いつもどおり”を心がけてみて下さい。

他には、その場には2人だけしかいないと思ってみるのもオススメです。
すると、会話をしたり向かい合ったりして、いつもの2人の形になってきます。
撮影中はおしゃべりをしてはいけない、カメラの方を向かなきゃいけない、ということもまったくありません。
それでも緊張する場合は、手を繋いでみたり、つねってみたり、いたずらをしてみましょう。
そうすればきっと、その場の空気が和んで柔らかい表情がうまれるはずです。

いかがでしょうか?
以上のことを意識してみることを想像すると撮影が楽しみになってきませんか?
一番いい写真は、ありのままの2人の写真です。
ぜひ一生に一度の素敵な写真を残してみてください。

usakmaecolumn

usagi to camera
Yu Kuboki

 http://www.usagitocamera.com

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+please SHARE

プレシューティング!!

date:2015/12/01

category:フォト&ムービー ,プランナーより

みなさま、こんにちは。
プランナーのスナガミエコです。
あっという間に12月。
秋のウエディングシーズンが落ち着き、怠けていたコラムやウェブの更新、お店のご紹介に尽くす12月にする!と誓った師走です。
この秋より、OH!HAPPY WEDDINGとしてのウエディング施工がいよいよスタートし、楽しい日々を送らせていただきました。
フリーウエディングプランナーをスタートしたばかり、実績もない私に大切な大切なウエディングをお任せいただけたこと、本当に感謝しております。

今回のコラムでは、この10月にウエディングを迎えられた大好きなお二人の、9月に行なったプレシューティング-前撮影-をご紹介いたします。
お二人は桐生で生まれ育ち、桐生の街が大好きです。
10月の挙式も、小さいながら地元愛に溢れた桐生の神社で挙式されました。
そんな大好きな街で、素敵な場所を巡りながら撮影をしよう!という事になりました。
衣裳はOH!HAPPY WEDDINGのフォトプランでレンタル可能なものを新婦様にはお召しいただき、新郎様にはウエディングのために仕立てオーダーのスーツや日常着をお持ちいただき、OH!HAPPYの小物をご利用いただきました。
早朝からアトリエでお支度のスタートです。
和やかなムードでゆるりとお支度、テーブルにはお菓子や飲み物が並び、フォトグラファー、ヘアメイクアーティスト、プランナーとも笑いがたえません。
そこへ新婦さまのお母様も駆けつけてくださいました。
これも前撮影の良いところ。
当日はご両親さまもお支度が忙しく、なかなかゆっくりお二人と過ごせないので、前撮影であれば気兼ねなくお越し頂き、一緒に撮影もできるのです!

OH!HAPPYのアトリエから歩いてすぐの場所には、素敵なレンガの小径があります。
まずはこちらで、撮影なれ・・・いやいや、もうずいぶんリラックスしてるから、大丈夫だね!

rengakomichi

続いて桐生のみならず近隣の町からたくさんの方が遊びに来る遊園地へ向かいました。
朝一番で向かえばまだ混んでいないだろう・・・そんな想定もむなしく(笑)、遊園地はたくさんの親子でにぎわっています。
でもね、お嫁さんも新郎さんもみんなの憧れ、なんだよね。
ちょっと恥ずかしかったけど、たくさんの祝福の言葉をかけてくれたり、皆さんが気を使って写真を撮らせてくれたり・・・・
愛をいただくことができました。

kage

yuuenchi3

続いて向かったのは、大好きなカフェ&レストラン【ニルスさん】です。
森の中に佇むお家のような、ほっとできて、美味しいお食事ができる場所。

nils4

ゴハンも食べた〜い!!!という気持ちをグッとこらえて、撮影後はアトリエでパンとコーヒーでのランチタイム。
もちろんドレスチェンジ、ヘアメイクチェンジ、小物チェンジもしちゃいます!

満腹になったところで、続いてはお二人の大好きな場所へ向かいます。
そこは、いつも二人がベンチに座って、街を眺めたり、お話したり、たわいもないシアワセな時間を過ごす小さなお山の頂上。

suidouyama6

そしてこのお山にある家で、お洋服を、染めて縫って暮らしている【りっぷるさん】に特別に作ってもらったドレスを着ています。
16色のグラデーションが美しくて、肌に馴染みやすいリネンで縫ったドレス。
お揃いの蝶タイも。

ripple

作家のお二人もとっても喜んでくれました。

今回はお二人にご協力いただき、ちょっとハードなスケジュール。
まだまだ続きます(笑)。
桐生の古い洋館【明治館】です。
こちらは元々前橋にあった建物で、100年以上前に解体され、少しずつ運ばれてこの地に復活した歴史があります。
一時は役所としての機能があり、ここに婚姻届を出しにきた方々もいるそうです。

meijikan5

そして最後は、サンセットに合わせて訪れた市民広場。
ロケハンに来たときに、フォトグラファーが、『ここは絶対にサンセット、夕方の柔らかい光が似合う』そう言った意味がわかりました。
とってもきれいな、優しいひかりが、二人によく似合う。

shiminhiroba8

前撮影って、とても贅沢なこと。
でもただの画像ではなくて、この瞬間しか撮れない、二人のシアワセがいっぱいつまっている特別な一瞬を残すもの。
ぜひたくさんのシアワセカップルの方に、二人だから、二人でないと、という瞬間を残してほしいと思っています。

もっとたくさんの画像を見て頂きたくて、Report&Worksのページに写真をたくさんアップしました。
もちろんお二人に許可をいただいて・・・(ありがとう)
どうぞご覧下さい。http://ohhappywedding.com/report/

またOH!HAPPY WEDDINGでは、平日限定のフォトプランをご用意しております。
【OH!HAPPY WEDDING 平日限定フォトプラン】
□プロフォトグラファーの撮影&データー
□ヘアメイクアーティストによるヘアメイク一式
□ヘアメイクチェンジ(回数制限なし)
□全体プロデュース
価格:15万円+tax
※お支度からお引き上げまで8時間以内を想定しております。
※アトリエを基点にしておりますが、ご希望に応じて出張や遠方撮影も承ります。
その場合出張料金や延長料金が発生することがございますので、ご了承ください。
※ご予約は基本的には3ヶ月前より承ります。
※アトリエにございます衣裳や小物で気に入るものがございましがら、フォトプランに限りレンタル可能です(別途料金)
尚、お問い合わせはすべてメールでの対応となりますのでご了承ください。
e-mail: info@ohhappywedding.com
またはコンタクトフォームより

様々なかたちで皆様の幸せのお手伝いができればと、今後色々なご提案をさせていただこうと思っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

フォトグラファー:うさぎとカメラ Yu Kuboki
ヘアメイクアーティスト:cher Chinatsu
ドレス:nutte,Ripple,FrancescaAmanLabel ※ホワイトドレスは受注オーダー可能です!

フリーウエディングプランナー
Mieko Sunaga

昨日お店に来てくれた、ウエディングプランナーになりたい就活中の女の子。
ウェブサイトやコラムを見てくれていて、ブックマークまでしてくれているとのこと。
全然アップできていなくて・・・・すごく反省しながらも、実際に見てくれている人がいるってすごく嬉しかったです。
元気をもらいました。
約束通り、アップしましたよ〜〜、そして今月はもっとたくさんアップするので、見てくださいね〜!
遠くから、電車で来てくれてありがとう、また遊びに来てね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+please SHARE

WEDDING SPECIAL PHOTO SHOT ! ! vol.2 Kiss

date:2015/04/05

category:フォト&ムービー ,プランナーより

みなさま、こんにちは。
プランナーのスナガミエコです。
今日は、ウエディングデイのお二人ショット Vol.2と題しまして『可愛らしいKiss Shot!』を集めてみました。
海外のウエディングフォトでは、よくみかけるシーンですが、
やっぱり少し恥ずかしいな・・・という思いはあるかもしれませんね。
でもこんな可愛いお写真は、一生撮影しないかもしれません。
ウエディングデイなんだから、恥ずかしいなんて言わないで・・・
二人だけの秘密の1枚を残してみませんか??
kiss1

これなら・・・いいかも!!

kiss2

これも・・・いいかも!!

ここからは、お顔も見えるフォトですが、ただただKISSするのではなく、
+アルファを設定し、フォトジェクニックな仕上がりになっています。

kiss3

陽と紅葉・・・ひとつの絵画のような印象です。
計算つくされた構図にただただうっとりする1枚。

kiss4

こちらは、ミニドレスから流れる素足と木製のチェア、スカートのボリューム感、新郎が置いた
手の位置のバランスがとっても良くて、全体がキュートな仕上がりになっています。

kiss6

フォト小物にバルーンブーケを取り入れて。
大人っぽい二人の印象が、バルーンによって可愛らしくになりました。
バルーンの色がホワイトだったら、スマートな大人のカップル、パリの一角みたいに、
黒だったらモダンなニューヨークスタイルになりそうですね!

kiss5

大好きな家族や友人とこんな写真を撮れたら、最高に楽しいはず!
一緒に参加する人々も、盛り上がりますね。

kiss7

挙式でのワンシーン。
本当に嬉しかったのでしょうね・・・自然に出てしまったポーズに、溢れる愛を感じます。
こんなフォトをウエディング後にみたら、結婚をした喜びを
心から感じる事ができるのでしょうね。

そして最後の一枚は・・・父と娘のキスです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新婦の家族のストーリーが思い浮かぶような、心に染み入る一枚です。
ウエディングには、新郎新婦二人のストーリーだけではなく、それぞれ家族のストーリーも背景にあります。
未来は、それぞれの過去からつながっていきます。
幸せだった過去と幸せが訪れるこれからの未来を結ぶ、奇跡の一瞬です。

こんな素敵な一瞬一瞬が、一日にたくさんおこるであろうウエディングは
やっぱり素敵な一日に違いありません。
そんな一日を作るのには、時間も努力も労力も必要です。
そしてとても大切なのは、二人で話す事、二人で考える事。
今回は『KISSフォト』を集めましたが、こういったワンシーンを残すには
事前のプランニングが必要です。
そのプランニングの一つ一つが、素敵な一日を作り上げてくれますので
たくさん話して、たくさん『○○したい!!』をあげてみてくださいね。

フリーウエディングプランナー
Mieko Sunaga

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+please SHARE

WEDDING SPECIAL PHOTO SHOT ! !

date:2015/02/12

category:フォト&ムービー ,プランナーより

みなさま、こんにちは。
プランナーのスナガミエコです。
今日は、ウエディングデイのお二人ショットについて、少しだけご提案させていただきたいと思います。
突然ですが、新郎さま新婦さま・・・『ウエディングでこんな二人の写真を撮りた〜い』というイメージ、できていますか?
当日は、びっくりするくらいスピーディーに過ぎていきます。
ゲストの皆さんと過ごす時間はかけがえがなく、1秒1秒が愛おしく、そしてあっという間です。
きっと自然の流れでその大切な一瞬は、プロのフォトグラファーが残しておいてくれるに違いありません。
そんな中でも、二人だけでお写真を撮影できる時間も必ずあると思いますが、長い時間ではないでしょう
なんとなく会場のメインになる場所で、オススメのポースで、数カット撮影しておいてもらえればいいかな〜
と考えているのであれば、すごくもったいないと思うんです。
お二人は、きっとキラキラ輝いています。
愛で満ちあふれています。
シアワセで満たされています。
そんな大切なお二人の姿を、ぜひお二人らしく、残してみてください。

photoshot7二人の手は『L・O・V・E』と象られています。
後ろ姿はあまり撮影されることがないのですが、
素敵ですよね。

出典:pinterest

photoshot10こんな後ろ姿もキュート。
【THANK YOU】のフラッグを持って撮影した写真は、ウエディング後のお礼のハガキに使ったらGOOD!!

出典:pinterest

photoshot9バルーンブーケを撮影小物として取り入れてみると特別感がありますね。
ウエルカムスペースに飾っておいたら2WAYで使えます。

出典:pinterest

photoshot6愛車とカラフルなバルーンブーケ。

出典:pinterest

photoshot8テーマカラーのスニーカーを履いて。
パーティで履くのはちょっと気になるな〜という方もいるはず。
写真だけ残しておいたら記念になりますよ

出典:pinterest

photoshot3お互いへのメッセージを内緒で書いて、
写真が届いてからのお楽しみにしてみては?
もちろん水性ペンで描いてくださいね。

出典:pinterest

photoshot2まるで・・・オシャレなポスターみたい。
広い会場だからこそできる画です。
これは、俯瞰(ふかん)での撮影で、真上から撮ります。

出典:pinterest

photoshot14花嫁が選んだ
花嫁が気に入ったブーケは
花嫁とともに
ブーケが主役でもいい。

出典:pinterest

photoshot4こんなお茶目なシーンがあってもいいですよね。
『わたし・・・
あなたの・・・
お嫁さんに・・・
なる〜〜〜』

出典:pinterest

photoshot1二人の間にあったドアが正式に開かれ
一緒になる瞬間・・・結婚。
そんなストーリーが思い浮かぶアートな一枚。

出典:pinterest

Lisa Jane Photographyちょっと大胆な写真だけど、本当に美しい。
ウエディングデイだからこそできる
麗しいショットですね。

出典:pinterest

photoshot11そして最後は・・・
雨が降ったからこそら撮れる特別な一枚。

出典:pinterest

photoshot12どんな時も
心と身体を寄せ合って生きていこう。

出典:pinterest

会場やスケジュールによって調整が必要になると思いますので、必ず事前に担当のプランナーさんに相談してみてくださいね。
たくさんの撮影をしたい場合は、前撮影をして、ゆっくりと思う存分撮影してもらうこともオススメです。
お二人らしい写真、お二人らしくない写真・・・どちらもウエディングならではです。
まずは、イメージ画像を収集して、必要な小物を用意して、【残すウエディング】の準備もぬかりなくすすめてください。

フリーウエディングプランナー
Mieko Sunaga

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+please SHARE