OH!HAPPYWEDDING

「自然な表情の作り方」

date:2016/02/07

category:フォト&ムービー

ウェディングアイテムの中で、写真や映像などの記録撮影も重要なセレクトの一つです。
結婚式の思い出を、ずっと形として残しておけるものは撮影アイテムだけになります。
だからこそ良いものを残したいですよね。
でもいざ撮られるとなると、緊張して不自然な表情になりがち。。。
そこで今回は、きっと自然な表情になれる裏技を教えちゃいます!

まず結婚式の写真は、正装だからかしこまらなきゃいけないと思いがちですが、実際はそんなことありません。
そこを意識してしまうと、表情も姿勢も逆に不自然な形になってしまいます。
姿勢はまっすぐキリッとしていなくても大丈夫ですし、いつも2人で写真を撮る時みたいにピースをしてもいいんです。
口を開けて笑ってもOKですし、逆に普段あまり笑わない人は無理に笑わなくてもいいと思います。
もちろんかしこまった写真も数枚撮りますが、その時はきちんとカメラマンがアドバイスします。
要は、自然体な自分でいることが一番大切なんです。
普段と違うところは、結婚式の衣装を着ているというところだけ。
なので意識としては”いつもどおり”を心がけてみて下さい。

他には、その場には2人だけしかいないと思ってみるのもオススメです。
すると、会話をしたり向かい合ったりして、いつもの2人の形になってきます。
撮影中はおしゃべりをしてはいけない、カメラの方を向かなきゃいけない、ということもまったくありません。
それでも緊張する場合は、手を繋いでみたり、つねってみたり、いたずらをしてみましょう。
そうすればきっと、その場の空気が和んで柔らかい表情がうまれるはずです。

いかがでしょうか?
以上のことを意識してみることを想像すると撮影が楽しみになってきませんか?
一番いい写真は、ありのままの2人の写真です。
ぜひ一生に一度の素敵な写真を残してみてください。

usakmaecolumn

usagi to camera
Yu Kuboki

 http://www.usagitocamera.com

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+please SHARE